スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【応用答練第4回目】会計学

税効果会計でやんのかーい!
アクセスに続きまたしても。

今年の会計学応用答練は例年よりも基本的な問題が多いそうな。

以下、振り返り!

受験日:2015/3/10
【出題範囲:金融商品、工事契約、税効果会計】
自己採点
問1:7〜8割
問2:7〜8割

問1:金融商品に関する問題
金銭債権を時価評価しない理由。。。
知らん!
一言で言えば取引市場がないから、売却する意図がないからだそうな。
んーそれも考えたけどファクタリングとか裏書手形とかあるから市場あるような気がするーと思い書くのやめたorz
無念。

他は金銭債権・満期保有目的債券の評価額とか定義ものなので差はつきにくい問題かしら。


問2:工事契約に関する問題
問2は計算問題です。
本試験電卓ありになったので計算来そうな気がしてたら工事契約で来た。
初見殺しなんでやったことなかったら無理だと思われ。
配点14点と出来ないとごっそり失点です。
他はほぼ定義ものなので差がつくのは計算の出来不出来だけかと。
計算問題は仕組み分かればすぐ点伸びるし点が良くても悪くてもあんまり関係ないと思います。


でも会計学の計算問題は懸念要素ですねー。
知ってたらあっさり解けるけど、知らなかったら正解に辿り着くのがとても厳しい。
というか、僕は無理。
簿記1、2級持ちなら解けちゃうような問題出たら堪らん。
電卓OKで計算主流になり得る流れは逆風だなー。



■民法応用答練4目、会計学応用答練2回目採点後答案回収。
民法4回目問1自己採点7〜8割 → 結果9割
民法4回目問2自己採点5〜6割 → 結果6割強
合計8割弱。

会計学2回目問1自己採点6割 → 結果7割強
会計学2回目問2自己採点9割弱 → 結果7割強
合計7割強


民法4回目の返却はやー笑
さすがY先生。
採点早いと良いですね!
問題も何解いたか覚えてるうちに見直しが出来ますし。


民法と会計学が8割超えねーと思ってたら上限が9割で採点されてるっぽいね。
そらノーミスじゃなきゃ超えないよ。

ちなみに採点者には9割MAXの人と10割MAXの人がいます。
ランキング見た感覚的に東京は10割採点、大阪は9割採点の先生が多いような気がします。(東京内でも日程で採点者変わります。)
必然的に大阪受験生の方は点数が抑えられてしまうので、トップ取るのはムリゲーになっちゃってます。

個人的には全部満点採点にしたらいいのにと思いますが。
採点者が異なるのはしょうがないですが、採点基準まで変わってしまうのはどうなの?
そもそも9割を上限にする必要性が謎。

そうじゃないにしても、9割満点にするか、10割満点にするかどっちかに寄せて欲しいもんです。
100点満点だと10点の差になってしまう。
相対評価の前提が崩れてますがな。
そんな採点者のポリシーがぶつかり合うとこでもないと思うんだけど。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

スポンサーサイト

【応用答練第4回目】民法

応用答練4回目!民法ラスト!

てか今日人数少な!笑
いつもの半分くらいかな。
多分、出題範囲が指定なしやったからだろうな〜
確かに民法て教養科目の中でも範囲広過ぎ。
勉強おっつかなくなるよね。

以下、振り返り

受験日:2015/3/6
【出題範囲:指定なし】
自己採点
問1:7〜8割
問2:5〜6割
今日の答練が四回の中で一番簡単らしい。
えっ、そうなの笑

問1
論点:94条2項類推適用。
94条2項の類推適用!
なんか良く見るよねこの論点。
だから特になにもないです。


問2
錯誤無効、詐欺取消、瑕疵担保責任
こっちの出来はよろしくない。
結構論点落ちしてる。

動機の錯誤ってよくわからん!
てことで先生に確認しました。

動機の錯誤のケース
①動機『ちゃんとしたこのマンション買いたい』
②内心的効果意思『このちゃんとしたAマンション買うぞ!』
③表示『このちゃんとしたAマンション買います!』
実はAマンションは瑕疵あるのでちゃんとしたマンションではなかったら…
①と③が不一致だから動機の錯誤。

ただの錯誤のケース
①動機『ちゃんとしたこのマンション買いたい』
②内心的効果意思『このAマンション買うぞ!』
③表示『隣のBマンション買いまぁ〜す』
②と③が不一致のときがただの錯誤。
いわゆる勘違いってことですね。


■民法応用答練3回目、会計学応用答練1回目採点後答案回収。
民法3回目問1自己採点6割 → 結果8割弱
民法3回目問2自己採点7割 → 結果8割
合計8割弱。
3回目は一番手応え良かったから特になんもない。

会計学1回目問1自己採点6〜7割 → 結果6割弱
会計学1回目問2自己採点6〜7割 → 結果8割
合計7割弱。
ぐぬぬ。。。。
会計学で6割下回る予定なかった。。。
反省と言っても、覚えると決めたとこはやってるからこれ以上は点伸びないんですけどね。
点数低いのはもうしゃあない!新しく答練で知った論点を追加するだけ。


しかし東京喰種熱いな〜今週かっこいいな〜

クライマックス過ぎて来週も熱いー!


にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

【応用答練第3回目】会計学

会計学応用答練3回目!後半戦!

以下、振り返り!

受験日:2015/3/3
【出題範囲:概念フレームワーク、棚卸資産、固定資産の減損会計】
自己採点
問1:7〜8割
問2:6割

問1:減損処理に関する問題
(1)固定資産の原則的評価を説明せよ。
うーん、てっきり取得原価主義のこと聞かれてるもんだと思ったけど違うんかな?
ぶっちゃけ解答見てもよくわからん。
『固定資産は市場平均を超える成果を期待して事業で使われているため、市場の平均的な期待で時価が変動しても、企業に取っての投資の価値がそれに応じて変動するわけではない』
こういう抽象的な表現がつらつら続く文章って誰が考えるんだろう…?笑
会計の専門家になれば一読してふむふむなるほどってなるのかしらね。

(1)がよくわからない位で後は解けるレベルだと思います〜。


問2:概念フレームワークに関する問題
(1)財務報告の目的を説明せよ。
『投資家による企業価値の評価と企業成果の予測に役立つような企業の財務状況の開示』
なにを言いたいのかわかるようなわからないような文言。
無理矢理暗記してますのでそのまま貼付け。

(2)財務報告で提供される情報を説明せよ。
『投資家の意思決定に資する投資ポジションとその成果に関する情報』
なにを言いたいのかわかるようなわからないような文言その2。
無理矢理暗記してますのでそのまま貼付けその2。


(3)自己創設のれんの計上の可否について述べよ。
計上できない!
資産の定義的にはオケーだけど、財務報告の役割に照らすとよろしくない!
よく意味理解してないけどそういうことだそうです。
よく意味理解してないけどそういうっぽいこと書いときました。
そもそも資産の定義も意味不明。
『過去の取引又は事象の結果として報告主体が支配している経済的資源』

概念フレームワーク作った人は抽象的な表現に酔ってるナルシストなの?
日本語やり直したらいいよ。

(4)包括利益、純利益の意義、商品販売したらこれらに同影響するか述べよ。
定義書いて〜
どっちも増加するよ!って書いたけど、意味を理解してないのでぺらぺらの解答ww
包括利益はB/S面から見た利益。純資産が増えたら利益だよねって考え方。
純利益はP/L面から見た利益。

概念フレームワークってみんなどんなできなんでしょ?
僕はいつまで経ってもさっぱりわからへん状態なんですが笑




眠すぎる。。。
明日も寒いかなー会社行くのつらいなー
せめては雨よ降らないで!!




にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

【応用答練第3回目】民法

応用答練3回目ですー

以下、振り返り〜

受験日:2015/2/27
【出題範囲:債権各論】

問1
(1)論点:契約締結上の過失。
(2)論点:債権者主義の適用範囲。
どちらも基本問題集にある論点です。

自己採点は6割位か。
上位層は9割位。


問2
(1)論点:賃貸人の地位の移転、その要件、敷金返還義務の移転、敷金返還義務と目的物返還義務の関係
(2)論点:建物代金請求権と留置権。
(2)の建物代金請求権と留置権の論練は基本テキストにはあるけど基本問題集にないから落とした人は結構多いんじゃないかな。
そんな私も論証例うろ覚えやったので微妙ですけど笑
全体的には基本問題集にある問題。
今回も賃貸人の地位関連の論証書くの忘れて一番最後に書き足すという汚い答案・・・(・∀・i)タラー・・・

自己採点は7割。
上位層は9割位。


合計で6〜7割。
先生が言うには本試験レベルでもおかしくないとのことですが。
うんうん民法答練の中で1番むずいんですけど!
めちゃめちゃ勉強時間割いてるのに7割やっと。範囲広すぎてたまらんのぅ。

てか民法の備忘録残すのすごいむずい。。。。
もっとざっくりしたのにしようかなぁ。


■民法応用答練2回目、採点後答案回収。
民法2回目問1自己採点5割 → 結果7割強
民法2回目問2自己採点6割 → 結果7割強
民法の採点バランスが謎過ぎる。。。
点数が意外に乗ったのはありがたいけど。全体的に雑とのご指摘。
答案構成も論証例も雑なのでおっしゃる通りでございます。。。
ちなみに書き忘れた論点を一番最後に書いて矢印で引っ張って挿入したところは点数が付きましたが、答案構成の点で▲2点されました笑


にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

【応用答練第2回目】会計学

会計学応用答練二回目ですー

以下、振り返り!

受験日:2015/2/24
【出題範囲:棚卸資産、固定資産、研究開発費等、負債】

問1:研究開発費等に関する問題
研究開発費が費用処理になった理由述べよ。
①企業間の比較可能性確保。
②収益獲得の確実性なく、損失の繰延になる可能性あるから。
③資産計上の客観的要件が難しいから。
の3つは書けたのだけど。

これって3つの処理方法が前提の理由なんですね笑。知らんかった。
ちなみに①は費用・資産の任意処理はダメな理由。
②は全て資産計上はダメな理由。
③は収益獲得が確実なものだけの資産計上はダメな理由。

書いてる内容は同じでも書き方が微妙なのでちょい減点になりそう。。。


ソフトウェアのうち資産計上したものの計上区分、償却について述べよ。
計上区分は無形固定資産。

償却は『見込販売数量に基づく償却方法又はその他合理的な方法で、3年以内で償却』です。
うん、覚えたつもりが覚えてなかった〜!
思い出せなかったから定額法、5年で償却って書いちゃいました。
( ゚Д゚)㌦ァ!!どっちもちゃうやんけ!

全体的に微妙なでき…
自己採点は6割位か。
上位層は9割位。


問2:固定資産に関する問題
減価償却王道と計算問題!
①定額法、定率法の計算問題、②耐用年数変わったら定額法の額どうなるか述べよ。
①は簡単な計算問題。っといっても準備してないと計算問題は解けないよね。
簿記経験者なら問題なしと思うけど BY簿記3級持ち。2級はいつか取りたいよね

②は会計方針の変更の影響ってやつです。ざっくり遡及適用ないよってことしか覚えてないけど。
計算方法あってたけど、2期目の償却費ってこと忘れてた。耐用年数が1年経過してる分考慮しないといけないのに。同じようなミスした人多そう笑
そしてここ配点6点とでかい。

落としたのは最後の計算問題だけ!自己採点は9割弱。
上位層は満点予想。

合計で7〜8割位かなー。
ソフトウェアしっかりやっとけばもちょい伸びましたね。悔し



鼻がむずむずだるいな〜と思っていたら、多分花粉症が来てるな!
あったかくなってきたしそりゃそうだー!!
何か対策した方が良いかな。しかしマスク嫌いだし。目薬くらい花粉アレルギーようのにした方が…?
しかし病院もめんどい笑
そうやって後から後悔するパターンなんですけどね。

とりあえず答練お疲れたので〜
弱虫ペダル観てくつろごう!!!
の前にお風呂入らねば。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

プロフィール

Author:ねこきん
ねこきんと申します。
センター試験の偏差値37のアラサーサラリーマンによる不動産鑑定士取得までの奮闘日記を書いていこうと思います。
平成26年不動産鑑定士試験短答式試験に合格。
平成27年度不動産鑑定士論文試験の合格を目指して勉強しています。
一人ツッコミ多いのはムシしてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。