FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問コーナーで質問してきた

演習演習あんど演習〜

色々と細かいところを見てました。
解く練習というより初見を減らす作業。


明日何出るかなー!
午前午後で2問あるし、結構ハードよね。

個人的な全4回の予想は…
DCF、新規賃料、借地権付建物、継続賃料。
ていうかαでやってないのがここら辺だし。
アクセス演習て一通りの手法を網羅するように作られているっぽいしね。


今日は鑑定理論の質問コーナーが設けられていたのでカウンセリング相談に行ってきました!

Q.新基準って使うのってどうですか??
『ありっちゃありだけど、オススメはしない。余力があったら。』
『改正点は来年から本格的に狙われるはずだけど、今年出ないとも言い切れない。軽く目を通す位にしとき。もちろんこれも余力があったら。』だそうです。


(=ↀωↀ=)✧『ねこきん君は逆に文量減らす方向に行くべきだから、これ以上新しい書くネタを仕入れるために新基準覚えるようなことは止めた方がいい』
と釘を刺されたのでやめときます。。



本題はアクセスβになってから点数が伸び悩んでおるという相談。

ねこきんの場合は…
文量を減らすこと。
問題を良く読んでしっかり答案構成すること。
問題の難易度を見極めること。


ということに落ち着きました。


文量を書くことに重きを置き過ぎなので、問題構成の時間や難易度の判断が甘くなっている。
それとケアレスミスが多い。
基本的なとこでミスしてると採点の印象が非常に悪くなる。

簡単な問題は今のスタイルで行って、トップ層でも7割に止まるような難しい問題はコンパクトに、答案構成を丁寧にした方が点数は安定する。
それこそアクセスβの4回目くらいの難易度なら30点を取る答案構成を心掛けるべき。

こんな感じでアドバイスを頂きました。

今後は50点を取る解答と35点を取る解答の方法論を身につける勉強をしていきます。
攻めの解答と守りの解答というべきか。

具体的には…
今日は眠いのでもう無理じゃ…Zzzzzzz

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこきん

Author:ねこきん
ねこきんと申します。
センター試験の偏差値37のアラサーサラリーマンによる不動産鑑定士取得までの奮闘日記を書いていこうと思います。
平成26年不動産鑑定士試験短答式試験に合格。
平成27年度不動産鑑定士論文試験の合格を目指して勉強しています。
一人ツッコミ多いのはムシしてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。