FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答練の少ない癒しの一週間。

全答で荒れた部屋の掃除をしつつ勉強に勤しむ。
今までこなしてきた答練とかのプリントが山盛りで、ちょっとうんざりする!!

本日のネタにしようと思った答案構成のコツ……
考えてみましたがわかりませんでしたm(_ _)m
私の普段の勉強での答案構成は、なるべく多くの問題に触れ、解答例の論点を拾えたか、解答例以外に何を書けるかを行っています。

私が普段答練でやってることを綴ってみました(・◇・)/~~~

〜ねこきん式答案構成。あれ、答案作成かな?編〜
鑑定理論の解き方は二つに分けられると思います。
❶問題にズバッと答えてコンパクトに纏める。
❷関連論点ガリガリ書いて部分点を積み上げていく。
どちらがいいかは一長一短です。

❶は予備校で習う方法です。割愛。


❷は先生や合格者さん、受験仲間さんのアドバイスを参考に作り上げました。

❷のやり方書いてみようと思います。。。
たいてい、初見の論点は中々満点取れません。
そこで落とした点数は知ってる関連論点の基準などを書いて補っていく作戦です。
ハマれば高得点いきます。

前提として、、、
私の文量は1行当り60〜65文字、改行少なめ、字数3,000弱位です。(上位に安定して入るような理想文量は2400字位かと勝手に思ってます)

点数はそれなりに安定してます。(今まで答練22問受けてますが6割以下1問、7割以下2問、19問は7割超です)
文字数と点数だけ見れば費用対効果最悪です笑。4〜5行使って1点とかあるので効率悪いです。超単純計算すると1行1点の配点ですし。
私は書きたい論点の取捨選択が下手なので、『ならば全部書こう』に特化させてるので文量アホみたいに多くなってます。

取捨選択をもっとスマートに出来るなら、さらに点数跳ねる可能性あります。それが恐らく2400字位なんじゃないかと。


デメリット
・文量増えるため読みにくく印象は悪。
・書く時間も多めに必要なため答案構成時間削るリスク。
・前提論点書き過ぎて本論が薄くなる。
・暗記量が膨大になる。


前置き長くなりましたm(_ _)m
❷のやり方です。
やり方というか、考え方かな?
上に書いたデメリットを潰していきます。

①見づらい。
・最初の2〜3行はなるべく綺麗な字を。
・最初に貼るような定義系の基準はなるべく原文とし、丁寧さをアピール。
・読みやすくするには改行すべきだけど、文量増やすため改行したくない時は少しスペース入れて間を作る。
『価格形成要因とは〜である。 一般的要因とは〜』こんな感じです。


②答案構成の時間が少ない。
・典型的な答案構成はそれ自体覚えてしまう。
・答案構成を頭の中で出来るよう訓練。

典型的なのが『類型→更地定義・特徴→求め方』。
こういう流れをどんどん覚えてストックを増やしていきます。

書いてフロチャート作るのは時間かかるので頭の中でやって、忘れてしまいそうな論点だけメモするようにしてます。
私はメモしたこと自体忘れて論点漏れするのでもっと良い方法あるかもです笑
普通に一問当たり3〜4点失点してるので、実は結構深刻!

②は慣れるまで大変ですが、身につくと答案構成はかなり早くなります。
直前答練レベルでも2問で5分かかりません。


③関連論点ばかりで本論が薄い。
・この方法の副作用みたいなもんです。見せ方で工夫します。
イメージはこんな感じ↓
前提概念→関連論点少し→本論→関連論点

最優先事項は論証の流れです。
流れが綺麗な絵を描けた場合は多少頭でっかちでも、そちらを優先します。
私は描けるの稀ですが。。

次点に頭でっかち答案は避けることです。
恐らく『頭でっかち答案』が多く、採点者もまたかよ!って思ってるはずです。
ならば『お尻でっかち答案』なら目立たないだろうという勝手な仮説を立てました。
後ろに持っていけるものはなるべく後ろに、という考えです。
なお〜、また〜、ただし〜って感じで関連論点を補足していく感じです。
それと本論点を早めに書いておくと精神的に落ち着きます笑。

まぁ確かにお尻でっかちすぎても〜……キリがないので止めます笑


④暗記量膨大
ある程度暗記できていることが大前提です。
暗記は頑張るしかないです笑
暗記してないと書くスピード上がらないので文量が稼げません。
基準、定番フレーズの重要度・優先順位意識して、覚えるのみです。

また、出来るだけテキストの具体例も暗記した方が吉です。
理解深まることと、その場で自分で捻り出したものよりカッコイイです。
基本テキストにある適合の原則の不適合例とか、還元利回り割引率の地方、品等別の具体例とかオシャレで好きです。



と、ここまでつらつらと偉そうに完璧そうに書いてますが、私もまだまだミスが多く、答案構成をマスター出来ていません。
先生にも今のやり方はハマれば強いけど外したら大変なことになるリスクもあるよ、と指摘受けてます。
事実、アクセスβ4回目で大外しして16点です。

ちなみに本試験の激ムズ問題にこの方法とると恐らく破滅します。
①の方法で慎重に答案構成で対応しないとえらいことになります。



また普段の勉強として暗記にかなり時間取られます。
一般的な受験生より勉強時間を確保出来るためこちらを選んでいますが、社会人受験生など勉強時間の制約が強い場合、暗記偏重の勉強はかなりキツイと思うので、①の方が無難です。


つらつらとこんな感じです。
欠陥も多々ある方法ですが、使えそう!って思って頂いた所は使っていただいて、なんやこの方法アホちゃう!って所は無視して下さい(・ω・)ノ


予備校で習う答案構成は一般論です。
実際、ある先生も簡単な問題なら答案構成無しでスタートしてたそうです。
予備校で習ったものをベースに自分流の答案構成論を作りあげていくのがベストだと思います。


はて。
なんだか超長文だし、何言いたいかわからなくなってしまいました笑

結論:答案構成は難しい!

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

わざわざありがとうございます!
3000字はエグいですね!笑
僕も一度それに憧れて一行に60文字ぐらい書いてみたことがありましたが、余裕で時間オーバーしたので諦めました。

ただ、僕の悩みと②はちょうど一致してるような気がします。

実は僕は暗記の量だけでなんとかしてる感じで、教科書でゆうところのA、Bはもちろん、Cとそれ以外のところも9割ぐらいは覚えてます。
が、それが故に書きたいことが多すぎて頭でっかちになる答案が多いです。

そこでそれを全部書くと言うねこきんさんみたいな素晴らしい発想にはならなかったです笑
民法みたいに書く論点が限られてて、はっきりしてたらいいんですけどねー。

大阪のある先生は、
書くことを決めるより、書かないことを決める方が大事
と言ってました。

やっぱりまだ体系的理解ができてないんですかねー。
難しいですね。

ちなみに僕も、不適合の例オシャレやと思います!
あと、差額配分法のところの、貸主に帰属する部分の例示も好きです。
地域のブランド力とかオシャレですよね笑

Re: タイトルなし

2000字あれば十分7割答案書けるはずだから、3000近く書いて7割とかだと残念な気持ちになります笑

暗記量すごいですね!
私も多い方ですが、おそらく私より覚えてる量多いです( ゚д゚)
暗記すると理解も付いてくるので体系理解も十分と思いますよ'(*゚▽゚*)'
貸主配分の留意事項補足のお洒落4つ(笑)も覚えると、列挙事項が文字の羅列から意味ある文章とわかるようになりますし。

大阪の先生が仰るのは、正にブログの❶です。
7割の合格答案はそれで十分取れると思います( ´ ▽ ` )ノ
そこから8割以上まで狙うとなると、❷のように文量を増やす必要があるだけです。高得点になればなるほど点数は伸びにくくなるので勉強の費用対効果は良くないです。

スティグマさんの暗記量なら全小問同じバランスで書けるけど、書くスピードと答案用紙がついてこれず、途中から調整、調整で結果的に頭でっかちになってしまったって感じだと思います。

なので、❶は今まで書いてたもので解答例にないものを削っていくだけだから、おそらくそれ程苦労せずにマスターできるはずです。

❷にすると、どうしても頭でっかちリスクもあります。
根性論ですが、実際に答案書いてどれだけスペース持ってかれるか等の実戦間隔養うしかないように思います。

ねこきんさん・スティグマさんこんにちは!
一行60文字は凄すぎますよ!私は、せいぜい40文字で頑張っても全体で2,000文字で勝負してます。体力的に無理ですね!
事実得点が伸びないのは、文字数にも問題あるのかもしれませんね。(良くて7割、平均6割です。)
まだ、直前答練からの再戦なのでまだ慣れていないせいか書くだけで必死です!
答案構成2問5分もたまげますね!T先生は、7分/問 計14分でと言われてますが、昨日の直2は計18分ぐらいかけて、尻つぼみになってしまいました。
私の場合一番の原因は暗記が弱く、答案構成中に定義を思い出したりしているためですね。ねこきんさんみたいに文字を見たら反射的に書くことが出てくるまで訓練しなければ!とあらためて感じました!頑張りましょう!

ねこきんさん、ありがとうございます。
なんかどの先生よりも的確なアドバイスですね。
今年受かられたら、いっそ講師になられたらいいんじゃないかと思いました!笑
鑑定理論は攻めの教科や、守りの教科やと色々と意見が飛び交ってますが、やっぱり安定して7割ぐらいを取りに行くことに落ち着くんですかね。

そーいえば、T先生が、
上位者の中では、米粒みたいな小さい字でたくさん書いてくる人がいる。
と言っていたのですが、正体はねこきんさんですね笑

通りすがりさんこんにちは。

暗記頑張ってください!
大阪で全答練を初めて受けてみて、みんながあんまりできてない感じだったので、こんなものかと少し安心してました。
が、ふと考えると合格するのは上位の10%であって、できていない人をみていても意味がなく、むしろその中のできている人を意識しなければいけないと思いました。

ねこきんさんのブログを見て、やっぱり上位の人はすごいと再認識しました。
さらに引き締めて頑張らないといけないですよね!

No title

通りすがりさん、スティグマさんこんばんは!

通りすがりさん
私とでは確保出来る勉強時間が違うと思いますので、一例として読み流して下さい。自分に合ったスタイルを見つけるのが一番です(。-_-。)

構成時間は性格が出ますね!
私は不安に負けて逆に10分以上粘れないです笑
最初は2問10分でやってたんですが、小問⑶に出るような難問の場合、40分位掛けて辿り着く頃には、当初考えてたことも忘れてしまい再度考え直すっていう悪循環に陥ったので、ざっくりイメージしたらスタートするようにしてます。
詳細を詰めてませんから、⑶に入るとスピードは極端に落ちます。

直前からの参戦で6割平均は勘弁して欲しいですね。私は1年半前から参戦ですよ笑
総まとめとかH17以前の問題で答案構成の数をこなして勝負勘(論文勘?)を取り戻すと有効かもしれませんね!


スティグマさん
悩んでるところが同じだから分かるだけですよ!笑
私も頭でっかち答案よく書くので。。

米答案は…笑。読み難くてすいませんって感じです。私もこれから1ヶ月弱は文量を落とす練習です。
先生も仰ってますが、どんな問題でも6割取れるようになれば充分だと思います。安定して7割平均になれば、余裕上位20人(上位2%!)に入る位かと笑

スティグマさんは暗記量多いので、ハマれば僕より高得点いくはずです。というか何度かハマった成功体験があるから、その再現しようとやり過ぎてる感じでしょうか。
暗記量負けは正直悔しいですが、論文試験は覚えたら強いっていうのは事実です。
暗記で負けても、他で工夫して何とか負けないように頑張りますが!笑
非公開コメント

プロフィール

ねこきん

Author:ねこきん
ねこきんと申します。
センター試験の偏差値37のアラサーサラリーマンによる不動産鑑定士取得までの奮闘日記を書いていこうと思います。
平成26年不動産鑑定士試験短答式試験に合格。
平成27年度不動産鑑定士論文試験の合格を目指して勉強しています。
一人ツッコミ多いのはムシしてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。