FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ短答直前期になってきた?

答練ないので久しぶりに金曜夜に自宅w

短答試験まで2ヶ月きりましたね!


去年の短答試験の勉強を書いてみようかと。

私は去年短答専念だったので感覚的なものはわかりませんが、短答・論文一発合格狙う人は3月、4月くらいから一気に行政法規仕上げるようです

これも宅建持ちか否か、受験専業か否かでも大分変わってくると思いますが。


本試験の私は鑑定理論70点、行政法規65点くらいだったかなぁ。
結構ギリギリだったような記憶はありますが…正確な点数は覚えてないです笑

属性的なもの↓
2月頃から勉強開始
働きながら。
宅建持ち
独学
勉強時間は計ってないから不明だけど300〜400時間くらいと思われ
平日1〜2時間、土日5〜6時間位。


予備校使ってないので答練とかは受けたことなかったです。
さすがにマークシートでアウトプットの練習はいらないです笑

マークシートの試験で時間足りない!ってなったことがないため、個人的には不要と判断。
(FP2級とか証券アナ1次とか他しょうもないの幾つか持ってます)


本番ではどっちも5分位余りだったような…
問題用紙とマークした箇所がズレてないかの確認が出来た位で、問題を1から見直すほどの余裕はなかったと思います。


鑑定理論は当時、基準暗記と要説読んで、過去問解くって感じでした。
過去問は直近3年分程度くらい。

論文対策できてる人なら短答用の勉強は直前に過去問チラ見位で十分だそう。
というのをネットで見たことあったのであまり短答を意識せずにやってました。


逆に行政法規はひたすらTAC過去問を回してました。
上巻・下巻あるぶっ太いやつ。
あれをだいたい5回転くらい。
何回も間違うのはそれ以上回すし、簡単なのは2回だけとか強弱つけて!


土地基本法とか簡単だけど、土地収用法、都市再開発、区画整理法、マンション建替法とか似たようなの並んでて苦しんだ記憶が笑

不動産登記法なんてムズイ!範囲広い!出題頻度低い!ので一回解いた後は捨てたりしてました。

解き方は基本1選択肢1答で解きます。
マーク式試験では王道的な方法ですね。
1問5選択肢なので5題ある感じ。
5個の◯✖️判断出来るように。


ちなみに同じ勉強方法で宅建・FPは9割、証券アナ1次は全科目8割取れましたが、行政法規は7割もいかなかったので明らか難しいです。


そうは言っても合格難易度で見れば宅建とトントン位かなって感想です。

鑑定理論は難しいし、行政法規は範囲広いので勉強内容は鑑定短答のが難しいです。

だけど宅建の合格率は2割弱に対して鑑定短答は3割程度受かる。
鑑定士は宅建持ちがステップアップしてくるの多いので宅建よりは母集団レベル高いこと考慮しても合格する難易度は同じ位なんじゃないかな。


最近、勉強に飽きてるので気分転換に鑑定理論の短答でも解いてみるか!って思ったけど見事に棄ててしまっているようですorz
確かに太くてかさばるからって棄てたような記憶も。。。
こうなるとなにが何でも解いてやりたくなるのは人間の性なんでしょうかね笑

どうでもいいけど東京グール見てたら会社の同期が仕事辞める!ってLINEきた笑
新しい仕事はなにすんにゃろ。
寂しくはなるけど新しいことに挑戦するのは楽しそうですね!
そんな私はしばらく会社の歯車予定です!(´・ω・`)

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこきん

Author:ねこきん
ねこきんと申します。
センター試験の偏差値37のアラサーサラリーマンによる不動産鑑定士取得までの奮闘日記を書いていこうと思います。
平成26年不動産鑑定士試験短答式試験に合格。
平成27年度不動産鑑定士論文試験の合格を目指して勉強しています。
一人ツッコミ多いのはムシしてください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。